とりっくロジックれとりっく

WEBに関するものを軸にしつつ、そのとき興味あるものをお届け

僕は一生古野まほろファンするぞ!!

 

※記事中、言葉を定義しないままに専門用語、俗語、筆者が作った造語が頻出しますが、
詳細を知りたい方はGoogle先生に訪ねるか、僕のエモを感じ取って言語未満の感情で各位捕捉してください。

本格ミステリだったらこの人を外せない!! 超A級探偵小説家 古野まほろだ!!

 小説の中でも特に好きなのがミステリだ。
基本的な構造は「謎が提示されて、解かれる」。作中で解かれた時の「うわ解けなかった!解けたはずなのに!」とか、あるいは「騙された!(恍惚の表情)」と作者の感情設計にまんまとしてやられる瞬間を求めている、ある意味やりやすい読者が僕だ。

 

本格ミステリと呼ばれる、細分化されたジャンルがある。
基本的な構造は「作中に殺人犯がおり、作中の事実を元に明らかにされる」。誰が犯人なのか解けるように設計されていますよ、という作者からの宣言だと僕は思っている。

 

古野まほろ本格ミステリ小説家、もとい、本格探偵小説家だ。
ミステリと探偵の違いは読者のみなさんに任せるとして、先に宣言しておくと僕は古野まほろさんのファンだ。でもたぶん大ファンだと思う。
2007年のデビューから世に出た作品はすべて買っているし、雑誌に掲載されたエッセイも(リアルタイムで追いかけ始めて以降は)すべて買っている。新作を購入した日には翌日仕事があろうが眠らずにページをめくる。一気に読みあげて、最終章あたりで意図的に一服を挟み、そして最後まで到達する。じーんと痺れた脳で、最新作がベストだと思い眠りにつく。

 

詳細なプロフィールや、これまで発表された作品は、wikipediaが詳しい。

古野まほろ - Wikipedia

 

作者本人のツイートからも散見されるが、本格ミステリ保有する型をかなり意識しつつも、破壊している、のだけど本格ミステリそのものからは逸脱していない。この守破離をきれいに具現化した作品に僕は弱い。古野まほろさんなら本格ミステリを逸脱しないという安心があるので、シンプルにどう壊すのかの1点にフォーカスできる(そして驚ける)。

学生時代は小説と呼ばれるもの、ミステリと呼ばれるものを、とにかく数多く読むのがすごいと思っていた時期があり、読書体力がなくてもそこそこ読めた自負はある。だが色々な方向性に興味関心がある現在、乱読と呼ばれる読み方ができなくなった。だから僕は小説を読むにあたって、僕が最も好きな作品群(全作品がナンバーワン。矛盾してるけど)を書く古野まほろさんが軸になっている。もちろんその他作家さんの本も読むが、軸が一度もブレたことはない。今までもこれからもずっとファンだ。

 

最新作「禁じられたジュリエット」。もちろんKindle版もある。

 

禁じられたジュリエット

禁じられたジュリエット

 

 

 

 

【ネタバレ】創世のエル(完全版) 感想

 

2017年4月にリリースされたiOSアプリ、

創世のエル[完全版]についての感想をまとめる。

トーリー紹介は公式サイトを参考されたし。その上で、「よくある始まりだな」と思った人にこそこのゲームをプレイしてもらいたい。

washimi.jp

 

2017年5月現在、物語を最後まで遊ぶには1200円かかる。だが無料体験版でもおよそ10時間分楽しめ、かつ、物語の"毒"が回り始めるはずだ。

 

一部ストーリーについても言及しているため、ネタバレを少しでも気にされる方はそっと記事を閉じていただきたい。

 

 

なお、完全版リリースまでの軌跡は別の記事でまとめている。

torimune.hateblo.jp

 

 概要

スーパーファミコン全盛期を思わせる 王道の2Dロールプレイングゲーム

公式サイトから引用した一文だ。昨今のソシャゲに馴染めない、あるいはゲーム機器を買ってまでゲームプレイしなくなってしまった人にとって、懐かしさとプレイ欲を惹起させる最適な一文だと思う。

ただ、あえてそこに付け加えるならば、
SFC時代の王道JRPGが、僕らが生きる2010年代に配信された意味も、ゲーム内で言及されている。ストーリーであり、キャラクタであり、あるいは作中に登場するガジェットによってだ。王道JRPGから逸脱していない、がそれ故にチクリと感じる毒のような"意味"が創世のエルという作品を唯一無二のものにしている。

 

ガジェットとストーリー

 

ここで意味するガジェットとは、ストーリーや世界観を構築させるために登場するモノをさしている。ゲームに限らず、小説や映画などでもその世界観を伝えるために(創作者が使う)登場するモノだ。
例えばハイファンタジー作品なら西洋風のお城、王様がいて大臣がいて、服装、剣・鎧・魔法などをさす。

創世のエルでは前述の漂着物設定を組み込むことで、
JRPGと言われてまず想像するハイファンタジーの世界に現代風のガジェットを当たり前に導入している。
(言及されてはいないが、公式サイトのキャプチャでもしれっと混ぜ込まれている)

ラジオ塔、飛行戦闘機、銃、そしてFC/SFC/GBと思わしきゲーム機器とソフトウェアだ。
そう、前述した2010年に配信される意味は、直接的すぎるほど直接物語に組み込まれている。
僕らプレイヤが配置された人物と世界設定に既視感を覚えるのは当然、というかシナリオ担当の市川雅也さんの狙い通りな訳だ。ただその手段は、もう一階層下、つまり作中のシナリオを書いたある人物を配置することで成立させている。

プレイ前の既視感と懐かしさもデザインされていたことに、僕は最大限の賛を贈りたい。

 

いずれ、システム周りやスマホ向け2DRPGゲームのUI・デザインについて言及するかもしれないが、もう少し冷静になってから別の記事で書くかもしれない。

 

 

 

創世のエル 2年越しの完全版リリース、その軌跡

2015年の体験版公開から2年もの時間を掛け、
ついについに2017年4月完全版リリースと至った
株式会社鷲見によって開発されたiOSRPGゲーム、創世のエルについて語る。

この記事では、紆余曲折あった完全版リリースまでの軌跡をいちユーザの視点からまとめたい。

トーリーやシステムについてのレビュー記事は、またいつか。

 

iOSアプリ

 

 


公式Websiteはこちら。

washimi.jp

 

 

 

### 完全版リリースまで(リジェクト編)
冒頭にも述べた通り、体験版として一番最初に世に出たのは2015年2月のことだ。

 

当初計画では同年の春、つまり2015年4月頃を目安に完全版リリースする予定だった。

 

だが計画は崩れる。
AppleStore審査ガイドライン"不適切なコンテンツ"の対象となりリジェクトされたためだ。

僕らユーザが分かる範囲で3回。ちなみに体験版配信時も1回リジェクトを食らっている。

 

体験版プレイしただけでも、まあ確かにリジェクトされてもおかしくないだろうなという漫然とした納得感はあった。

創世のエルという作品は、FC、SFCの頃のような王道JRPGが基盤となったストーリーなのだが、

トーリーを肉付けするガジェットとして、原子力発電所が登場する(AppAtoreのキャプチャにもある)。また、ゲーム中に登場する架空の国が、僕ら現実世界の国を色濃く反映している。具体的には日本とアメリカと中国。

「ん、おれRPGの話のつもりで聞いてたんだけど、なんの話してるの」っていうツッコミがあるかと思うが、ゲームはブログよりも奇なのだ。

 

話を戻すと、中断されたストーリーの続きで、原発批判及び政治批判の色が濃くなったため、リジェクトされたのではないかと想像していた。

だが完全版をクリアしたいまだからわかるが、(おそらく)上記の想像とは違う理由でリジェクトされていたとわかる。
見た瞬間、僕は「あうっく」とか「うっく」とか唸った。部屋の中でプレイしていてほんとよかった。

 

### 完全版リリースまで(開発チームの不和?)

ここからは筆者の想像色が濃くなる。


創世のエル、あるいは開発元の株式会社鷲見は、ユーザに対する広報手段を3つ持っていた。
1つは公式Twitter

twitter.com

 

完全版リリース以降はリリースノートだったりバグフィードバックをもらうアカウントになっているが、
以前はシナリオ・企画を担当する市川雅也さんによる苦しいツイート、つまり「Appleに申請しました」「リジェクトされました」「再度リジェクトされました」といった内容だ。
僕は普段クソリプを飛ばしがちだが、一切飛ばす気になれなかった。純粋にストーリーの続きを楽しみにしていたからだ。体験版配信時でも積極的にかつ好意的に拡散に貢献していたと思う。


もう1つは公式HP(リンクは記事冒頭を参照)。キャラクター紹介などが掲載されているいる。が、リジェクトが続く状況でWebサイト更新なぞに割けるリソースがなかったであろう、更新はほぼされなかった。僕もほとんど見ていない。


そして最後に、株式会社鷲見のFBアカウント。

 

一番問題があるとすれば、これだ。

当初はTwitterと同じくリリース状況を知らせるポストが続いていたが、

2016年9月末頃から不穏なポストが続く。

www.facebook.com

ありえんわ、市川てか浜

 

www.facebook.com

信じられるか、これでも創世のエルを作ってたやつが最初は「結果を残さないやつはプロじゃない、金をもらってこそプロだ」って言ってた。2年どころか3年、7年経って音信不通、これが市川雅也だー

それはシナリオ・企画の市川雅也をdisる内容。語り口から運営していた人間は市川さんじゃないだろうことは明白だが、会社の価値、ゲームの価値を貶めるポストに憤ると共に、完全版はこのまま世の中から消えてしまうのでは……といった不安を掻き立てられた。
この話には2つ続きがある。
1つは、完全版リリース後。

www.facebook.com

 

まさか本当に出るとは、、、

 

このポストだけが投稿されている。
会社公式アカウントで市川さんをdisっていた人間が、どういう心境でこの内容を投稿したのだろうか。
もう1つは、このポストを読んだ僕の決意だ。完全版リリースはされないんじゃないかと思った僕は、
僕が完全版に変わるゲームを作る!
……と決意した。これこそ笑い話になりそうだが、ゲームアプリを世に出すという目標と、それに向かい勉強と開発は今でも続けている。まだできてないですすんません。
まだまだ話をできる段階じゃないので、この話はここまで。

 

さてこんな経緯を経て世に出た、肝心のストーリーだがそちらだけ読みたい人もいると思うので、別の記事でご紹介する予定。どうぞお待ちください。

でも、僕、ミニマリストじゃないんで!

ある日 本物に出会ってしまった郭海皇のように

2016年頃に断捨離しまくった。 備忘録的に捨てたものを(覚えている範囲で)ザーッと一覧化した。

ちなみに、断捨離前の部屋の写真が↓だ。

そして現在(2017年5月)の部屋は…… こんな感じ(薄暗い)。

これから物を捨てようという方、あるいは物を捨ててしまった人、断捨離に興味がある人はリストを眺めるだけでニヤニヤしちゃうんじゃなかろうか。ごめんなさい僕のことだ。

そして記事の最後には現在の部屋の写真も載せている。何か思うことがある人のカンフル剤になれば幸いである。

バックグラウンド

  • 東京で一人暮らし(上京5年目)
  • その前は地方都市で5年過ごす
  • 独身
  • 20代
  • 独身(彼女募集中)

捨てたもの一覧

  • ベッド(フレーム、マットレス)
  • 本棚(高さ180センチ、幅100センチで2層スライド式)
  • 本(文庫本、ハードカバー合わせておよそ300冊)

大学時代に小説にどハマりした結果、ネット上でタイトルだけ見たことある本でも片っ端から買い集めていた。
文庫、ハードカバーなど合わせておよそ300冊ほど。
ちなみに断捨離以降、小説・漫画などは基本的に電子書籍で購入している。この辺りの話はいずれ。

  • 食器入れ(高さ140センチ、幅80センチほど)

一人暮らしを始める時に購入。
後述のように食器そのものを捨てたため不要と判断。処分。

  • 机(幅180センチ、奥行き80センチ、高さ80センチ)

知り合いから譲ってもらったもの。IKEA製だけど今は廃盤のようす。

ワナビならいつでも印刷できるように、と思って買ったものの3年くらいホコリを被っていたので処分。
なおコピー用紙は今もある。

  • 引き出し

机に付随してついてきたもの。引き出しの中身と置き場所を整理したら中身がスカスカになったので処分。

  • クッション(80×80、お尻に敷くビーズクッション、足元に置くスリッパタイプの3つ)
  • デスクトップPC(Windows7)、モニタ

Macに買い換えた。

  • キーボード(1万円くらい)

ややお高めなのが気になったが、
デスクトップPCも処分するし、ゆくゆくはMac1台あればいい環境にしたかったので処分。

機能に不満はなかったが、外に持ち歩く習慣がつかなかったのとiPhoneで十分と気付き処分。

  • コーヒーメーカー

飲む頻度を考えるとドリップコーヒーで十分だった。

  • 炊飯器

糖質制限ダイエットしていたこともあり、自宅でお米を炊くことがなかったので処分。
しかしその後、レンジ炊飯器を購入している。

  • こたつ(80センチ四方)、こたつ布団、こたつ敷きマット

こたつから出なくなる、挙句の果てにこたつで眠るぐうたら性質を荒療法的に改善するため。

  • 謎の電源コード、箱、紙

押入れの中で地層と根を形成していたもの。
用途不明の電源コードを捨てる際に少し気になったが、規格がわかっていれば後から購入も可能と判断し処分。

  • お風呂マット、キッチンマット、トイレマット

お風呂マットは珪藻土マットに置き換え。
ほかのマットは処分して置き換えもせず。

  • 食器類 コップ2つ、カレー皿2枚、浅めの丼1個を残して処分。
    どうせ誰も家に来ない

現在の部屋

細かなものを挙げていけばきりがないのでこの辺りで。
ちなみにミニマリストと呼ばれる人らが手放している電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機などの白物家電は我が家で絶賛稼働中。
その辺りの家電を処分しようという気は一切ないので、僕はちょっと部屋の中がスッキリしているだけの人だと思っている。


感想があればコメントしてもらえると嬉しい。部屋の中に積み上がらないですし
ちなみに現在部屋を友人に見せたところ、「なんもねえな」と身もふたもない言葉をいただいた。

初投稿です

2017年も1/3が終わったので初投稿です。

id取得から1年以上、ずっと冬眠させていたブログを今日から始めます。 一番最初の記事なので目標を書きたいところですが、 どっちかっていうと、人に話しちゃうとそれだけで目標達成しちゃった気分になっちゃう人間なので、 最初はノーマウス戦法でいこうと思います。自分なりに目標はあるけんどね!

僕の背景やバックグラウンドはいずれどこかで。 これからどうぞよろしくお願いします。